2021.12.28
# エンタメ

「ジンベエザメ 湯冷め」ジョイマン高木がラップで伝えたい「言葉の違和感」

高木晋哉さんインタビュー【後編】

ここ最近感じている“言葉の難しさ” 

縦横無尽に言葉を組み合わせて、斬新なラップを生み出してきた高木さん。しかし最近では、世間のムードを汲み取って、これまで以上にラップに慎重になってきたという。

「今、言葉の取り扱いが本当に難しいじゃないですか。昔は『フナムシ 孤独死』とか『大和田獏 自爆』なんて平気でテレビで言っていましたけど、今だと厳しいのかなって思いますね」

最近も、「言葉の難しさ」を実感するような出来事があったと、高木さんは話す。

「この前、『入れ墨 ドブネズミ』ってツイートしたら、“入れ墨を入れている人はドブネズミだって言いたいんですか?”といった意見が届きました。僕はただ、韻が気持ちいいから言っただけでしたけど、そう捉える人もいるので、言葉は慎重に使わないといけないなって思います」

 

ポップなリズムと言葉のギャップも魅力的だったジョイマンのラップも、時代に合わせて変化しているようだ。最後に自身の代表作であるラップネタの魅力をどこに感じているのか、聞いてみた。

「基本、このギャグ一本でやっているので、“一発屋”って言われたりしますけど、ネタのフォーマットがある程度決まっていながら、内容をどんどん更新していけるのはいいところかなと思いますね。あと今のところまだですが、ラップブームにも乗れそうな気もしています」

撮影:柏原力

このネタを武器に、いつか「ラップの波」に乗る日が来るかもしれない。

(取材・文=福永全体/A4studio)

関連記事