疲労困憊、お金も厳しい…脳性麻痺児を抱える母親たちの「信じられないほどの苦労と苦悩」

中西 美穂 プロフィール

また子どもが小学生にあがると、さらに育児の負担度は増す。小学校2年生の障害児の母親である桐谷加代さん(仮名・30代)は

「現在8歳ですが寝返りもできず、全介助が必要です。自分が体調不良時の、子どもの体位交換や車いすへの移乗等がつらく、精神的にも多くの負担を抱えています。現在は肢体不自由児の特別支援学校に通っています。第1子の重い障害で、精神的にも経済的にも余裕がなく、第2子は諦めました。

転勤族のため、実家が遠方で協力は得られず、子どもへの介助のため母親は働きに出られません。重度知的障害もあり公共交通機関に乗せることが難しく、発作が心配で長距離移動は極力避けており、実家にも6年半帰省できていません。また、親族に障害児がいることを知られたくないという理由で、親戚の冠婚葬祭にも呼ばれず、親の死に目にも会えないと覚悟しています」

障害児を抱えたということだけで、ここまで母親を追い詰める社会に疑問を持たざるを得ない。少子化問題に直面しているからこそ、誰もが安心して子どもを産める社会を整備するのが、日本という国の務めなのではないだろうか。

 

三重苦が家庭を襲う

肉体的にも、精神的にも追い詰められている母親たちを追い込んでいるのが、経済的負担だ。

「子どもを授かった時は、まだ籍を入れていませんでした。籍を入れる準備をしていたら子どもが早産で産まれてしまい、障害が残ると宣告されると、子どもが退院する前に父親は姿を消しました」

と話すのは、小学4年生の母親である、粟野由美子さん(仮名・40代)だ。父親が蒸発し、現在はシングルマザーとして、障害児育児と向き合っている。

関連記事