ドイツ全土に迫る「ブラックアウト」の危機…!今、非常事態が実際に起こっている

なぜ詳しく報道されないのか

クリスマス休暇中に迫る危機

ドイツのある自治体の危機管理部門が、大きな病院、あるいはライフラインを司る機関などに宛てた文書を入手した。

「本来なら、喜ばしい知らせで溢れるべきクリスマスの直前に、このような文書を送ることは避けたかった」という文で始まるそれには、14日分の水と食料などを、何が何でも確保するようにという要請が、強い口調で書かれていた。

「非常事態が起こっているように聞こえるが、実際に起こっているのだ。このようなことを知らせるのは心苦しい。杞憂であることを祈っている。しかし、心配すべきいくつかのことが同時に進行している」

Gettyimages

文書の要点は下記だ。

1)急速なオミクロンの感染拡大
2)電気市場の混乱
3)ガス価格の異常な高騰
4)例年の平均を下回るガスの備蓄
5)深刻なITセキュリティの盲点

まず、1)では、オミクロンが病人、あるいは自宅待機者、もしくはその両方を急増させ、それによりサプライチェーンが切断され、深刻な物資不足、ライフラインの崩壊が引き起こされる可能性が指摘されている。

ただ、これらは一般ニュースでも扱われ、警察や消防で増員が図られている様子が報道されているので、国民も承知している。しかし、2)以下については、ほとんど報道はない。

2)すでに電気の市場価格は前年比で10倍になり、しかも大きく変動しており、また、価格の上昇が止まる目処はない。不安定要因として、2021年12月31日に計画されているドイツの3機の原発の停止と、フランスのいくつかの原発が技術上のトラブルによって不測の脱落をする可能性が挙げられている。

3)のガス価格の急騰については、原発の停止により、近年、発電におけるガスの需要が増えていたことも原因の一つだ。今後さらに原発が減るので、まだ価格は上昇する見込み。老朽化した石炭火力の稼働が必要になれば、技術上のトラブルの可能性も増す。

 

4)の備蓄に関しては、ヨーロッパ各国、特にドイツ、オーストリアでは、今、通常の量を大きく下回っている。すでに、今年の冬の電力逼迫を予想する警告が出されており、それに伴い、食料、暖房燃料など、一般物資の供給不足も危惧されている。

5)のITセキュリティでは、現在、滅多に出ることのない最高レベルの警告が出ているという。サイバーテロで真っ先に狙われるのは電気の系統だが、脆弱性はまだ除去できておらず、危険はクリスマス休暇中にさらに増す可能性がある。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら

関連記事