カジュアルなクリスマススタイル

最後は、モナコのジャック・ド・モナコ王子 (2014年12月10日 - )を見ていきましょう。モナコ公アルベール2世に継ぐ王位継承順位第1位。故レーニエ3世と故王妃グレースの孫にあたります。

シャルレーヌ公妃は南アフリカ共和国出身で、2000年シドニーオリンピックで競泳女子4x100mメドレーリレーで5位入賞を果たすなど、競泳選手として活躍しました。ジャルレーヌ公妃は双子の赤ちゃんを出産。第1子は長女のガブリエラ王女で、2分違いで第2子の長男ジャック王子が誕生しました。モナコ公位継承権は男子優先制なのでジャック王子が1位、ガブリエラ王女が2位となります。

photo by gettyimages
ジャック王子 photo by gettyimaegs

シャルレーヌ公妃は、2021年5月に訪れた南アフリカで耳鼻咽喉の感染症にかかりました。11月初めにモナコに帰国しましたが、モナコ国外で治療することとなりました。アルベール2世によると、具体的な症状は明らかにされていませんが、治療には最短でも数週間かかるそうです。

7歳になったジャック王子とガブリエラ王女は、性格は対照的で、ジャック王子はシャイで物静か。洞察力があり状況を判断するのが好きなようです。一方のガブリエラは外交的で、人前に出ることに何の不安もないそうです。イギリス王室のジョージ王子とシャーロット王女の関係に少し似ているところがあるかもしれませんね。

2021年12月15日、フランスのモンテカルロで開催されたモナコ公国でのクリスマスプレゼントの配布に出席したり、12月3日、モナコのモンテカルロでクリスマスマーケットを開いたり、ファッションは意外にもカジュアルで、マスク姿で公務に取り組んでいます。

photo by gettyimages
photo by gettyimages

2020年12月16日は、ジャック王子(6歳)はモナコ公国でクリスマスプレゼントの配布に出席しています。シャルレーヌ公妃はモヒカン!ご家族も驚いていたようですが、新しいスタイルを気に入ってくれたそうです。

photo by gettyimages
-AD-

2016年12月14日のモナコ公国でクリスマスプレゼントの配布では、ジャック王子(2歳)。シャルレーヌ公妃は短めのヘアスタイルを好まれますが、このときはエレガントなショートカットでお出ましになりました。シャルレーヌ公妃の一日も早いご回復をお祈り申し上げます。

photo by gettyimages

みなさんも、素敵なクリスマスになりますように。