華やかな赤のカーディガン

続いて、スウェーデンのエステル・シルヴィア・エヴァ・メアリー王女(2012年2月23日 - )を見ていきましょう。スウェーデンの王位継承順位第2位。ヴィクトリア王太子とヴェステルイェートランド公爵ダニエル王子の第1子で、現国王カール16世グスタフと王妃シルヴィアの第1子であり孫にあたります。

スウェーデンは欧州の王室の中でもいち早く長子優先の王位継承法に改正した国で、1980年1月1日、第2子のカール・フィリップ王子(0歳)から、第1子のヴィクトリア王女(2歳)に第1継承権が移りました。

スウェーデン王室 photo by gettyimages
photo by gettyimages

2017年12月1日、スウェーデンのストックホルムのパレスチャペルにて、いとこのガブリエル王子(カール・フィリップ王子とソフィア妃の第2子)の洗礼式が行われました。エステル王女(4歳)は生まれながらにして将来女王になることが決まっており、オスカル王子(1歳)は王位継承順位第3位となります。ヴィクトリア王太子のドレスとエステル王女のガーディガンの赤をリンクさせたコーディネートが印象的ですね。

-AD-

2019年10月7日、カール16世グスタフ国王は王室のスリム化を掲げ、エステル王女と弟オスカル王子を除く孫5人について王家の正式な一員から外すことを発表しました。小学校1年生となったエステル王女は、ストックホルムにあるキャンパス・マニラで学んでいるそうです。