2021.12.28
# 動物

3匹に1匹の死因とも言われる猫のがん…専門医が伝えたいこと

飼い主に知ってほしいこと
飯田 一史 プロフィール

痛みの緩和など、最後の最後までしてあげられることはある

――お金がなくても猫にしてあげられることはありますか。

小林 がんの治療プランには大きく分けて「根治治療」と「緩和治療」とがあります。がんと積極的に闘って完治をめざすのが根治治療、がんと直接闘うのではなく、痛みや苦しさを取り除いたり、栄養学的なサポートをしたりするのが緩和治療です。後者であれば比較的お金がかからないことが多いと思います。

「お金がないから」とか「老猫だから」といった理由で「もうしてあげられることはない」と思う飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、最後の最後まで、ニャンコに対して何かしてあげられることはあります。たとえば亡くなる直前まで痛みのケアをしてあげることができます。それをやるだけでニャンコは笑顔になる。

痛みのケアが可能であることを知らない方が多いのかなという印象があります。もっと言えば、ニャンコが痛みを発していることになかなか気付かない。みなさん「鳴かないから痛みがないのだと思っていました」とおっしゃいます。でもたとえばみなさんは頭痛がしているときに何度も「痛い!」と叫んでまわりに訴えますか? 慢性的な痛みのときは黙っていますよね。ニャンコも同じです。ですから、一部のがんにかかっているニャンコが、慢性的に痛みを感じることがあることも知って欲しいです。

食欲がないことには、比較的みなさん気付きます。そこでフードをあれこれ変える前に、「食欲がない理由のひとつは痛みである」ことを知っておいてほしい。僕だって頭痛や腹痛があるときは食べる気が起きません。そういう、言われてみれば当たり前のことになかなか気が付かないものなんですね。

よくわからなかったらまず病院に連れていって痛みを和らげる治療をしてもらって、それで行動が変化するかを見ればいいんです。そうするとたいがい変化があります。これはがんに限った話ではありませんが。

 

――飼い主は猫が何歳くらいからがんにかかるリスクを意識しておいたらいいでしょうか。

小林 中齢(7~10歳前後)からですね。がんは一般的には高齢になると発生しやすくなりますが、ニャンコの代表的ながんのひとつ「リンパ腫」では、猫白血病ウイルス陽性の若いニャンコにできやすいタイプもあります。ただ、近年は、室内飼いやワクチンの普及で猫白血病ウイルスの感染率が減少しているので、若年期に発生しやすいリンパ腫は減っています。

11歳でリンパ腫を発症した、小林哲也氏の愛猫ワニくん。外科療法と化学療法を行い、22歳まで長生きした。

11歳でリンパ腫を発症した、小林哲也氏の愛猫ワニくん。外科療法と化学療法を行い、22歳まで長生きした。
SPONSORED