2021.12.27
# 相続税 # 節約

知らないと大損…!年末年始の14日間で、おカネが積み上がる「相続・節税・投資」のスゴ技

「今日はこれをやった。明日はあれをやろう」。この年末、チェックリストを眺めながら過ごしてみてほしい。得する金額が積みあがっていく快感を、家族と一緒に味わおう。

財産は全部でいくら?

「老後資金が不安だから投資をしようか……」

「そろそろ財産相続のことを考えようか……」

どんな人でも頭の片隅で、「何か始めないと」と思っていることがあるはずだ。しかし、日々の暮らしの中でつい後回しにしてしまう。

大掃除をして、家族が集まる年末は、先送りしてきたことに手を付けるチャンスだ。この先2週間で後編の「年末に「やらない人」は290万円も損をする、相続・節税・投資「15の裏ワザ」を一挙大公開」のリストの順番にやればいい。

(1)まずは自分の財産をまとめてみよう

最初に自分の持っている財産を「棚卸し」する。預金通帳、自宅の課税明細書、保険証券、証券の取引報告書などの書類を、机の上に並べよう。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

次に罫線入りのノートを用意し、各財産の書類を見ながら「どこに」「何を」
「いくら」持っているのかを、細かく書いていく。預貯金なら、こんな風に書いていくといい。

〈ゆうちょ銀行〇〇支店口座番号1234567残高300万円('21年12月10日時点)〉

財産がノートにまとめられていないと、残された家族は大変だ。専門家に財産調査を依頼せざるをえなくなり、約10万円近い費用を払うハメになってしまう。今、財産を書き出すことは「未来への投資」でもある。

SPONSORED