2021.12.26

カラスにせまる勢い…東京で増え続ける「ワカケホンセイインコ」のヤバすぎる戦闘力

週刊現代 プロフィール

緑多い東京工業大学のキャンパス(目黒区・大岡山)でインコは大規模な群れを作り、100羽から1500羽近くまで爆発的に数を増やしていった。そして、ここを拠点に東京都内各地へと生息域を広げたのだ。

2000羽近い群れを形成してしまったことによる害も発生している。鳴き声のほか、糞の害も深刻なのだ。川崎市役所の職員が語る。

「ねぐらとなっているイチョウの木の下は、常に糞で真っ白です。公園の敷地内にある、滑り台とブランコが一緒になっている遊具も糞まみれになって、『子供を遊ばせることができない』という苦情も寄せられています」

公園を管理する中原区では、職員が対策に駆り出されている。中原区役所道路公園センターの職員は定期的なパトロールを行っており、遊具の清掃といった業務に追われている。

 

「どうにかしてインコの群れを追い払えないかと、角材でイチョウの木の幹を叩くなどしているのですが、数羽が逃げるだけで、多くはとどまったままです。

大繁殖したムクドリ駆除として、浜松市が採用しているLEDライト照射も実施したことがあるのですが、効果はありませんでした。完全に人を馬鹿にしているとしか思えません」(市役所職員)

インコは国の定める鳥獣保護管理法により保護対象となっている。そのため捕殺して数を減らすことは不可能だ。

「日本での被害報告はまだありませんが、海外では穀物、果実などの農作物を食い荒らしてしまうため、害鳥として指定されています。今後、原産国と同じように被害が出ることがないとは限りません。

それに、感染症など衛生面で問題となる可能性もあります。鳥インフルエンザが流行した場合にはウイルスを媒介する可能性もありますし、オウム病などの病原菌を持っていることも考えられます」(京都大学野生動物研究センターの幸島司郎特任教授)

SPONSORED