2021.12.23
# モラハラ

風邪を引いた妻に「性行為を強要する」モラハラ夫、その「異様な行動」の一部始終

『モラハラ婚』の恐ろしさ
現代ビジネス編集部

ケイジさんは息遣いも荒く、勝手に行為を終えると、

「たかえが弱ってる姿 すげー興奮した よかったよ」

と言って、一人で寝室を出ていきました。

 

たかえさんのショックはあまりに大きいものでした。夫は、自分が苦しむ姿に興奮する人だったのか——その事実を前に呆然とし、たかえさんは布団の上で一人涙を流します。

恐るべきモラハラの実態ですが、こうした被害に苦しむ人は少なくないとは、多くの専門家が指摘するところです。心当たりのある方は、『モラハラ婚』を読んで、自身の境遇を振り返ってみてもいいかもしれません。

(C)滝本たかえ/poko/ぶんか社

関連記事