2021.12.27
# 家計 # 医学部

6年間で「最低でも2000万円」…私大医学部の学費が「こんなにも高い」事情

受験者数と「反比例」する
庄村 敦子 プロフィール

またコロナ禍で保護者の収入が減ったことも、医学部受験者数に影響を与えている。

「コロナ禍の収入減で、学費の上限額が厳しくなったご家庭もあります。特に旅行関係のお仕事をされているご家庭が影響を受けたように思います」(神本校舎長)

医学部専門予備校メディカルラボ・本部教務統括の可児良友さんも、コロナ禍における保護者の収入減についてこう語る。

「2021年の入試で私大医学部に合格したのに、保護者の年収が減ったために進学を諦めた生徒もいました。もう1年浪人して、保護者が学費を払える大学に再チャレンジするようです」

Photo by iStock
 

「6年間で3000万円までなら出せる」

ここで2021年入試の志願者数の増減をみてみよう。国公立大医学部前期試験の志願者数は、前年より32人増えた1万4773人。

「少子化の影響もあり、年々、国公立大学の志願者数が減っていましたが、32人とはいえ7年ぶりに増加に転じました。減少に歯止めがかかったのは、コロナ禍での保護者の収入減も関係あると思います。学費が安い国公立大学を目指す生徒が増えましたね」(神本校舎長)

SPONSORED