2021.12.27
# 家計 # 医学部

6年間で「最低でも2000万円」…私大医学部の学費が「こんなにも高い」事情

受験者数と「反比例」する

私大医学部の学費と偏差値は、反比例の関係だ。学費が下がると偏差値が上がり、学費が上がると偏差値が下がる傾向にある。2021年から、6年間の学費を1200万円も値上げした東京女子医科大学(以下、東京女子医大、東京都)は志願者数が激減し、偏差値も下がった。またコロナ禍で親の収入が減り、合格した私大医学部への進学を断念した受験生もいる。

私大医学部の6年間の学費の平均は約3200万円。国公立大の約10倍と高く、もっとも高い大学と低い大学の医学部の学費を比べると、その差は約3000万円にも達する。高低差の激しい私大医学部の学費の実情について、紹介していこう。

 

一気に1200万円の学費値上げ…!

2020年6月、東京女子医大が、コロナ禍による収入減を理由に夏のボーナスを支給しないことを決めたニュースが世間を騒がせた。その後、一転して支給することになったが、7月末に6年間の学費を1200万円値上げすることを公表し、同大を受験予定だった受験生とその保護者に衝撃を与えた。

東京女子医大病院の中央病棟[ウィキメディア・コモンズ]

前年の6年間の学費は3409万6000円で、31ある私大医学部のなかで15位の安さで中位だったが、値上げ後は4621万4000円となり、4736万5000円の川崎医科大学(岡山県)に次ぐ高さとなった。

SPONSORED