ドバイのエミレーツ航空の元客室乗務員で、現在オンライン英会話スクール講師・mamiさんによるFRaU web連載「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」(毎週金曜更新)。英語初心者でも覚えやすく確実に伝わる「短い英会話」を提案しています。

2021年も今日で終わり。1年はあっという間ですね。年末が近づくにつれ「よいお年を」「また来年」という定番フレーズをたくさん使ったと思います。そこで今年最後のレッスンは、年末の挨拶をあらわす英語を紹介します。

今までの英会話レッスンはこちら▶︎

-AD-

★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから……」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

年末の挨拶に使える英語表現

「よいお年を」「また来年」など、英語で年末の挨拶をするとなったら、どういうフレーズが思い浮かびますか? シンプルで簡単かつ、覚えておくと便利なフレーズを3つ解説していきます。

【1】 Happy new year! 「良いお年を!」

【解説】このフレーズは「明けましておめでとう」という意味ではよく知られていますが、実は「良いお年を」という意味も含まれているんです。「Have a happy new year!」と言うことも多いです。年末の仕事納めの挨拶としても使えます。ぜひ覚えておきましょう。

【2】 See you next year! 「また来年!」

【解説】「next year」の前に「in」などの前置詞を使ってしまう人もいますが、これは間違いです。月日をあらわす場合、「next」は前置詞と一緒には使えません。「See you next week!(また来週!)」など、年末の挨拶以外でも活用できますよ。

【3】 Happy holidays! 「休暇を楽しんでね!」

【解説】こちらも年末に友達や同僚によく使う一言です。「holiday(休暇)」に複数形の「s」をつけるのを忘れないようにしましょう。また、海外には日本でよく使われる「来年もよろしくお願いします」などのフレーズは存在しません。代わりに今回紹介したフレーズを使ってみましょう。

今週はここまで。mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」は毎週金曜日に更新!

\使えるフレーズを日々アップ/
Instagram「超絶シンプル英会話」▶

英語を話すために知っておきたい いらない英文法』(KADOKAWA)
mamiさんの3冊目となる最新著書では、英語を話すために実は「いらない」英文法を紹介。疑問文、過去完了、to不定詞など、英会話に必要な英文法を必死に覚えるのではなく、まずは“捨ててみる”と英語が不思議と話しやすくなる。そんな裏技を紹介している英語本です。