短くてシンプルなのに確実に伝わる英会話を提案しているオンライン英会話スクール講師・mamiさんによるFRaU web連載「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」(毎週金曜更新)。

早いもので、もうクリスマスですね。クリスマスに贈る英語のメッセージといえば、「メリークリスマス」がいちばん有名ですが、他にもあるんですよ。そこで今回は、クリスマスカードやメール、SNSなどでも使える例文を紹介します。

今までの英会話レッスンはこちら▶︎

-AD-

★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから……」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

おしゃれで便利な英語のクリスマスメッセージ

クリスマスに友達や家族、仕事でお世話になった人にメッセージを送りたいとき、どんなフレーズが思い浮かびますか? 「Merry Xmas!」しかわからない…そんな方も多いはず。今回は、「Merry Xmas!」以外のおしゃれで便利なフレーズを紹介します。

【1】 Wish you a Merry Xmas! 「メリークリスマス!」

【解説】「Merry Xmas!」と意味はほぼ同じですが、「wish(願う)」という単語を使った言い方もポピュラーです。「Wish you all the best!(幸運を祈ります)」は、クリスマスに関するメッセージ以外にも活用できるので、覚えておくと便利ですよ。

【2】 Best wishes! 「幸運を祈ります」

【解説】こちらは「Merry Xmas!」などのフレーズと一緒に使えるフレーズです。訳は「幸運を祈ります」となっていますが、そんなに堅苦しいイメージではなく、メッセージの締めくくりに使えます。メールやメッセージカードの最後に使うと、おしゃれな印象になるので、ぜひ使ってみましょう。

【3】 Have a good one! 「楽しんでね!」

【解説】こちらも「Merry Xmas!」などのフレーズと組み合わせて使うことが多いです。「楽しんでね!」「よい一日を!」などの意味があり、相手にクリスマスを楽しんでもらいたい気持ちを伝えるのにおすすめのフレーズ。クリスマス以外のシチュエーションでも使えます。

今週はここまで。mamiさん監修「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」は毎週金曜日に更新!

\使えるフレーズを日々アップ/
Instagram「超絶シンプル英会話」▶

英語を話すために知っておきたい いらない英文法』(KADOKAWA)
mamiさんの3冊目となる最新著書では、英語を話すために実は「いらない」英文法を紹介。疑問文、過去完了、to不定詞など、英会話に必要な英文法を必死に覚えるのではなく、まずは“捨ててみる”と英語が不思議と話しやすくなる。そんな裏技を紹介している英語本です。