2022.01.19
# エンタメ

『水曜日のダウンタウン』と格闘技「煽りV」をめぐる、テレビ局員の分かれ道

佐藤大輔×藤井健太郎×TaiTan
現代ビジネス編集部

ファンからの評価か、社内からの評価か

―ー映像表現をするうえで、テレビ局員であることの優位性をどう考えるかっていう話でもありますね。

藤井:独立してフリーになると、商業的に成立するものを作り続けないといけなくなるけれど、会社員であれば、個人でやるよりもシビアじゃないですよね。

たとえば担当している番組が終わってしまったら、個人だと収入にも直結するじゃないですか。でも局員の場合は、会社からいろいろ言われても次で取り返せばいいわけですし、それが収入に直結することはないので。

佐藤:たしかに金の話は切り離せないよな。でも俺の場合は単純に、「PRIDEには佐藤大輔がいないとダメだ」っていうファンの声に対して「そうだよね!」って応えただけなんだけど。

藤井:大輔さんの場合は「煽りV」という、これまでにないフォーマットを生み出して、代わりの効かないポジションを確立している人なので、そこは普通の局員とは違いますよ。

ーーそれこそ「煽りV」というフォーマットが確立される前に、選手入場の時に流れる映像が格闘技ファンから熱狂的に支持されていて、いかに革新的であるかってことを、社内で理解して評価する人っていましたか? 

 

佐藤:チームの外には誰もいない。一人もいなかった。

藤井:ですよね。視聴率みたいな数字に表れたりしない限り、本当に会社には届かない。

佐藤:嫉妬はされるのにな(笑)。

TaiTan:そういう意味では、僕個人としては、Dos Monosはファンのほうを向いて活動してる意識はありますね。それ以外の評価は特に重く考えてないです。

佐藤:ミュージシャンはそれでいいんじゃないの。

関連記事