2022.01.19
# エンタメ

『水曜日のダウンタウン』と格闘技「煽りV」をめぐる、テレビ局員の分かれ道

佐藤大輔×藤井健太郎×TaiTan

格闘技のイベントにおいて、選手が入場する際の映像に物語と時代性を落とし込む「煽りV」を構築した佐藤大輔。TBSのプロデューサー・演出家として、『水曜日のダウンタウン』をはじめ、『オールスター後夜祭』や『クイズ☆正解は一年後』などでテレビバラエティの拡張と更新を続ける藤井健太郎。そして、3人組ヒップホップユニット「Dos Monos」のラッパーとしてだけでなく、テレビ東京の番組『蓋』を上出遼平氏と共に企画するなど、クリエイティブ領域での活動も目立つTaiTan。ジャンルを越境しながら、各界の才能とコラボレーションを仕掛ける3人が集結し、2021年を振り返る。(第1回/全3回)

TaiTan、佐藤大輔、藤井健太郎(左から)
 

『ドキュメンタル』は「バキの地下格闘技場」

―ー佐藤さんが演出を務める『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』(Amazon Prime Videoオリジナル)のオープニングに、Dos Monosの新曲『王墓』が起用されました。

佐藤:あれは素晴らしい曲だよ。

藤井:いいオープニングでしたね。

TaiTan:ありがとうございます。自分たちの曲が使われているあのオープニング映像を見て、Dos Monos一同、大歓喜でした。

佐藤:最初はDos Monosのすでに発表されている曲を使わせてほしいっていうオファーだったんだけど、メンバーが『ドキュメンタル』大好きなので書き下ろしますって。

TaiTan:なんなら、いっそ仕事じゃなくてもいいので新曲作りますよっていうテンションでした。

佐藤:出来上がった曲を聴いて、芸人への愛を感じたよ。

TaiTan:『ドキュメンタル』はただのバラエティ番組ではないなと思っていて。あそこまで芸人が自分の持ちうる能力を総動員してる番組って、ほかにないですよね。

佐藤:芸人が隠し持っている裏の顔というか、殺し屋の顔に惹かれているんだろうなっていうのがすごく伝わってきた。

TaiTan:イメージとしては『グラップラー刃牙』の地下格闘技場みたいな。

藤井:その番組を好きだっていうことが、ちゃんと曲から伝わってくるのはいいですよね。と同時に、大輔さんがDos Monosのことを気に入るのもわかります。GEZANが好きな感じとも通じているというか。

佐藤:わかるでしょ?

藤井:しかも、大輔さんの個人的な趣味が先行しているわけではなく、GEZANもDos Monosもちゃんとテーマに沿っていて、大輔さんの作る「煽りV」のテイストにハマっている、そのバランスがいいと思いました。

佐藤:あとは、せっかく作ってもらった『王墓』が売れてほしい(笑)。

TaiTan:この手のアングラな音楽性で、『ドキュメンタル』なんていう大メジャーな番組に起用していただけるっていうのが、そもそも光栄すぎますね。

藤井:キャッチーなほうには歩み寄らず、アングラなままここまで戦えているのは単純にすごいことだと思いますよ。

佐藤:もっともっと気づかれてほしいよな。

関連記事