2022.01.21

「義母」のせいで離婚へ…! 家に入り浸る義母の「やりたい放題」で“家庭崩壊”した39歳サラリーマンの悲劇

離婚したうえ「家計崩壊」のダブルショック!

3人に1人は離婚する。それが今の日本です(2020年の結婚は52万人。離婚は19万人。厚生労働省の人口動態統計)。

もちろん、懐を痛めず、何も失わずに別れられれば良いですが、そうは問屋がおろしません。

たとえば、子どもがいれば養育費、不倫をすれば慰謝料、そして屋根が一つから二つに変わるのだから、引っ越し代や敷金・礼金、家財購入費などの諸費用も発生します。

離婚で「生活崩壊」するケースもある photo/iStock
 

これらのことを「離婚債務」といいますが、ほとんどの場合、払うのは「夫」です。

しかも離婚したい夫、したくない妻という構図で事を進めるケースは悲惨です。夫は妻の言い値を払うしかなく、離婚債務の合計額は夫が払える上限ぎりぎりに設定されていることが多いからです。

今回の相談者・大坪英斗さん(39歳、仮名)もそんな1人。ようやく妻との離婚が叶ったと喜んだのも束の間。離婚債務が両肩に重くのしかかり、身動きがとれなくなっているのです。いったい、どうしてそんなことになったのでしょうか。

SPONSORED