2021.12.19

吉岡里帆「どんぎつね」の進化ぶりが、まさに「オーマイガー!」すぎるワケ

「国民的に愛されるCM」となった

吉岡里帆「どんぎつね」の進化がヤバすぎる…!

女優の吉岡里帆がみずからのインスタグラムを更新。最新の「どんぎつね」の姿を披露して、反響が広がっている。

吉岡里帆は、2021年も大活躍だった photo/gettyimages
 

吉岡里帆は、

「今年もM1だけのスペシャルCM撮りました」
「まさかのまさかの展開です、、、」

というコメントともに写真を投稿。12月19日放映の『M-1グランプリ』に向けて、『どん兵衛』の限定CMを撮影したことを明かしたうえで、どんぎつね姿のショットを公開しているのだ。

吉岡里帆の「どんぎつね」シリーズがスタートしたのは2017年。それから約4年が経過して、いまや定番化した大ヒットCMになっている。

最近ではCMで"相方"を務めていた星野源の姿はなく、直近ではお笑いのこがけんが登場するようになっている。今回のインスタでも、着物姿のどんぎつね・吉岡里帆が、こがけんと一緒に映って「オーマイガー!」のポーズを取っており、このシリーズの新作への期待感が高まっている。

 

ここまで愛されるCMとなっているのには、このようにCMがずっと同じテイストを繰り返すのではなく、世界観は残しながらも"進化"を続けていることが何より大きい。そんな進化とともに、「どんぎつね」ファンも年々増えており、それがどん兵衛ファンになっていくという好循環も生まれている。

近年は「長く愛されるCM」が少なくなってきている中で、日本人に愛される代表的CMになろうとしている。いったい、これからどんなどんぎつねが見られるのか。まだまだ期待感が止まらない――。

SPONSORED