2021.12.18
# 政局

「趣味は角栄だ」二階堂進は“尽くす”官房長官だった…歴代首相と“側近”の関係を遡る

歳川 隆雄 プロフィール

岸田政権の“中枢”

このように見てみると分かるように、権力中枢を占有するラインナップがその政権の賞味期限を決定付ける最重要要因である。翻って、岸田政権はどうだろうか。

自民党執行部は麻生太郎副総裁(前副総理・財務相=当選14回)、茂木敏充幹事長(前外相・10回)、高市早苗政調会長(元総務相・9回)、福田達夫総務会長(元防衛大臣政務官・4回)、梶山弘志幹事長代行(前経済産業相・8回)、世耕弘成参院自民党幹事長(元経産相・参院5回)。内閣は岸田首相(元政調会長、元外相・10回)、松野博一官房長官(元文部科学相・8回)、林芳正外相(元農林水産相、元文科相=参院5回・衆院1回)、鈴木俊一財務相(元総務会長・10回)――。

キャリアだけで言えば、大抜擢された福田氏は“軽量級”であるが、旬の人でもある。それでも岸田首相を始め、麻生党副総裁、茂木幹事長は各々派閥の領袖であり、新政権は久々に重厚な布陣である。

他方、首相官邸の中核とされる財務省OBの木原官房副長官と嶋田隆首相首席秘書官(元経産事務次官)ら「チーム岸田」が強力メンバーであることは紛れもない事実だ。そのリーダーの一人がよもやのスキャンダルに見舞われたのである。

 

この小さな傷が鋭利な亀裂を招き傷口を広げることになれば、岸田政権の一大事となる。まさに「政界一寸先は闇」の名言が思い起こされる。

関連記事