恋愛観・結婚観に変化は起こらなかった

――旅を終えて、恋愛観や結婚感に変化は生まれましたか?

さほど変わらないですね。短い人生の中で一緒にいて楽しい人をパートナーにしたい、という考えは一貫しています。ただ『バチェロレッテ』『バチェラー』と立て続けに結婚に向き合う時間の中で、改めて理想となったのは、両親です。一緒にいて楽しいだけじゃなくて、しんどい時にも当たり前のようにそばにいられる二人を見ていると、まさに「羨ましい」という表現がぴったりです。

写真:杉山和行

――逆境でも、いかに手を取り合えるか。そこに夫婦の真価が問われますよね。なかなか難しいですが。

なにがあっても味方でいてくれる絶対的な存在が、この世にたった一人いてくれるだけで、自分もどこまでもチャレンジできると思うんです。そんな人がいたら万が一、世界が敵に回っても、「大丈夫」って思えるじゃないかな。

-AD-

――最後に読者へのメッセージをお願いします。

この旅では、僕自身も参加した女性たちも自分の感情にどこまでも真摯に向き合ってきました。だからこそ、途中ではトラブルや感情のぶつかり合いもありましたが、どこまでも深く心を通わせることができたのだと思います。

いろんな意見が飛び交っていますが(笑)、賛否は大歓迎。真実の愛を見つける旅は、皆さんにとってはエンタメかもしれないですが、僕にとってはかけがいのない時間でした。それなりに人生を賭けて挑んだつもりです。そんな生々しさやリアルさを見てもらえたらと思います。

◇関連記事:「『違い』をなくすため『個性』を消していた」4代目バチェラー・黄皓が日本で「自分」を見つけるまで

黄皓さんプロフィール
1986年9月23日生まれ。10代で中国から来日、早稲田大学を卒業後、大手商社での勤務を経て、独立・起業。4カ国語を操る。スマートミラーデバイスを活用したオンラインフィットネスサービスを提供する会社、サブスク型パーソナルジム・エステを運営する会社、上海を拠点に主にアパレル関係の貿易と物流の会社の3社の代表を務める。ファッションや車、アートにも造詣が深い。

『バチェラー・ジャパン』シーズン4 全10話、Amazon Prime Videoにて独占配信中
製作:Amazon
(C) 2021 Warner Bros. International Television Production Limited