2021.12.19
# 不動産

マンションで“まさか”の「異臭騒ぎ」…住人も困惑した驚きのにおいの「正体」

マンション管理士・相談日誌(1)
松本 洋 プロフィール

マンションの「異臭トラブル」、その正体は…

とあるマンションで、「ここ最近毎日、建物の共用廊下から異臭がして困っている」と居住者から管理会社に苦情がありました。

管理会社が調べてみると、ある住戸の換気扇からマンションではあまり嗅いだことのないようなにおいが出ていることがわかりました。その部屋にはご夫婦が二人でお住まいになっているのですが、聞けば、豚骨や鶏ガラなどを煮込んで毎日ラーメンのスープを作っていて、原因はそのにおいであることが判明したのです。

管理会社が、さらに事情を詳しく聴いたところ、ご夫婦は「ラーメンが大好きで毎日ラーメンを自宅で作って食べている」と説明しました。

しかしマンションの居住者たちから、「ご夫婦がラーメン店をやっている」という情報がもたらされ、管理組合の理事長がその部屋を訪問。

事情を説明して部屋に入り、キッチンを見てみると、そこには大きい業務用の寸胴鍋がありました。夫婦二人の生活にしてはあまりにも大きい鍋なので問いただしたところ、二人は近所でラーメンのお店を経営していると話したのです。

写真はイメージ/photo by iStock
 

このにおいの正体には、数多くの相談を受けてきた私も驚きましたが、その後、この夫婦はどうなったのでしょうか。そしてそもそも一般的な居住用のマンションではどの程度の営業行為(ビジネス)なら許されるのでしょうか。後編<「異臭騒ぎ」でマンション中が“大迷惑”…トラブルを防ぐために“管理のプロ”が「必ず勧めること」>で詳しく見ていきたいと思います。

関連記事