2021.12.27
# 東証 # 日本株

トヨタやソニーではない…「個人投資家」でもプロ投資家を出し抜ける「狙い目銘柄」の条件

伊藤 潤一 プロフィール

プロ投資家は「流動性」を気にする

もう1つ、プロの運用担当者は「流動性」を気にしている。

Photo by iStock

たとえば1億円の株式を売りたいと思っている時に、マーケットで5000万円分の買いしかなかったら、1億円をすぐに売り切ることができないからだ。

ヘッジファンドのようにお客様のお金を運用している場合、お客様から解約の要請が来たら、何日後までに耳を揃えて解約資金を渡すということが決められているから、売り切れなかったなんてことになったら、契約違反になってしまう。

だから、その株の1日の出来高に対して、どの程度まで投資するかということも注意しなければならない。

ファンドによっては1週間分くらいの株式を持っているファンドもあるが、普通は3日分くらいだ。つまり1日あたりの出来高が1000万円の株式だとしたら、それに投資できる金額は3000万円程度だ。

でもここまで金額が小さいと、とてもじゃないけれどもファンドで投資することはできない。

たとえば、200億円を動かしているうちの3000万円なんて、そんなに大きな額ではない。

たとえばある銘柄が爆騰して、3000万円が6000万円になったとする。2倍高だ。短期間のうちに株価が2倍になったとしたら、それはものすごいハイリターンになる。

でも、ファンドのサイズが200億円で、そのうち3000万円が6000万円に値上がりしたとしても、ファンドの資産全体に占める値上がり益は0.15%に過ぎない。ファンドの運用成績に及ぼす影響はたかが知れている。

 

したがって、1日あたりの出来高が1000万~3000万円程度の極めて小さな取引しか行なわれていないような銘柄は、投資対象にはならないことが多い。

だから、個人投資家の場合は、時価総額で500億円未満、より安全を期すなら200億円未満という小さい規模の企業を丹念に調べて、将来が有望なところを探して投資すれば、十分に勝機がある。

SPONSORED