いま日本に帰国すると、成田空港であなたを待ち受ける強烈なリアル『イカゲーム』

「ホテル確保のメドが立っていません」

12月某日、韓国から成田空港に帰国した筆者が、どういう運命をたどったのか。前編『日本に帰国したら成田空港で壮絶いじめ 「古いスマホなら1万5000円払って」』に引き続き、コロナ禍での帰国者を待ち受けている実態を明かそう。

飛行機到着から2時間が過ぎた午後3時半から、ロビーのイスで検査結果を待つようスタッフから指示される。やることもないのでネットニュースを検索すると、おそるべき一報が目に飛びこんできた。

「成田空港で入国した韓国人を340キロ離れたホテルに隔離」(中央日報日本語版)

インチョン空港から成田空港に入った韓国人が「空港周辺の隔離施設が足りない」という理由により、なんと中部国際空港(愛知県常滑市)周辺のホテルに飛ばされたというのだ。「オミクロン株」の脅威に対応するために水際対策を打っているのに、成田に到着した客を別の飛行機に乗せ、遠隔地に運ぶとは狂気の沙汰だ。

ロビーで待機するニューカマーの韓国人(永住権を取得している様子だった)が、ネットニュースを検索しながら韓国語でザワザワし始めた。

「名古屋に飛ばされた韓国人がいるらしい」
「福岡や仙台まで飛んで隔離されるケースもあるみたいだよ」
「さっき係の人に質問してきた。埼玉のホテルに行くのか、東京のホテルなのか、千葉のホテルなのか、まだ決まってないんだって」

話し声が耳に入ってきたので「どうせなら沖縄のリゾートホテルがいいですよね」と声をかける。冗談でも言って皆で笑わなければやっていられない。

スマホを見ながらひたすら待ち続ける入国者たちスマホを見ながらひたすら待ち続ける入国者たち
 

午後3時半の段階で、「Quarantine」(検疫)とプリントされた作業服を着た職員が待合ロビーにやってきてこう言う。

「ホテルへの移動は、現段階では午後6時過ぎになることが予想されます。ただしもっと遅くなる可能性もあります。ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、しばらくお待ちください」

そう知らされたものの、待機時間はズルズル延びていく。午後7時ころ、苛立った客3名が「どうなっているのだ」と職員に詰め寄る。すると検疫官は困惑した様子でこう言うのだ。

「大変申し訳ありませんが、現段階でホテル確保のメドが立っていません」

関連記事

おすすめの記事