主にインスタグラムで「結局怖いのは人間だよね」というテーマで漫画を描き、53.2万人(2021年12月現在)のフォロワーがいる、ちなきちさん。今までは主にご自身の実体験を中心に漫画を作成していたそうですが、多くの方から「私もこんな怖い体験をしました!」「ぜひエピソードを漫画化してほしい!」という意見があり、現在はエピソードを公募し、漫画化したものを投稿しています。

その中でも反響を呼んでいるのが、子どもを連れて出て行った妻と、原因に全く心当たりがない夫の夫婦のすれ違いを描いた作品『僕と帰ってこない妻』。インスタグラムに投稿するたびに多くのコメントが寄せられています。

『僕と帰ってこない妻』第1話から読む

妊娠で夫婦関係に変化が……

ごくごく普通の夫婦に起きたすれ違いを描いた漫画『僕と帰ってこない妻』。主人公の和樹は「家族サービス」をしっかりするという自称イクメン夫。誰もが羨む円満な夫婦関係だったはずなのに、ある日突然「書置き」を残して妻の雪穂と子供が出ていってしまいます。

当初は雪穂が出て行った原因がわからない和樹でしたが、部長宅で行われたBBQに一人で参加し、大失態を演じたことをきっかけに過去を振り返り始めます。思えば夫婦関係に変化があったのは、雪穂の妊娠が判明したときからでした。

『僕と帰ってこない妻』#5より。漫画/ちなきち
-AD-

妊娠判明直後は子育ても仕事も頑張ろうと前向きだった雪穂と和樹。しかし、雪穂のつわりが始まったことで二人の生活が一変します。自分も働いているものの、吐きづわりで和樹の夕飯が作れなくなり罪悪感を抱くようになった雪穂。吐きながらも夕飯を作ろうとす姿を見兼ねて、和樹は雪穂の負担を減らすため残業をせずに帰宅することを決めました。

しかし、和樹の上司は時代遅れな考えに縛られた超パワハラ上司。雪穂を手伝うため、定時に帰ろうとする和樹を静止して、他の社員の前で耳を疑うような暴言を浴びせます。

「世の中つわりで苦しむ嫁のために毎回旦那が寄り添っていたら社会が回らないだろうが」

しかし、雪穂と約束していた和樹は半ば強引に帰宅するのでした。ところが、この行動が上司の癇に障ったようで、自分の意思を通した和樹にある出来事が起こります。

それでは続きをご覧ください。

漫画/ちなきち