2021.12.17

マッチングアプリで「二度目のデート」につながらない28歳男性、会話で「意外なミス」をしていた

樋口 可奈子 プロフィール

会話の練習を!

初対面の相手との会話の間を恐れる人は少なくない。吉岡さんも相手を楽しませようとするあまり、話が終わりそうになると焦って質問を繰り返していた。「間を恐れる人ほど、一つの話題が早く終わりがち」とゆいかさんは話す。

「会話が上手な人は間を恐れません。相手の話を聞き続け、間ができたらようやく自分の話をします。すぐに改善するのは難しいかもしれませんが、『話が途切れるのは良くないこと』という思い込みを捨ててください」

 

会話の練習したくても、ゆいかさんのようなロールプレイの相手を見つけるのはなかなか難しい。そこでゆいかさんが提案するのは、アプリで知り合った人とのメッセージ交換。ポイントは「実際に会うことが難しいと感じた人」を選ぶことだ。

「気が合っても、住んでいる場所が離れているなどでデートするのが現実的ではない人もいます。そんな時は『会話の練習』と割り切ってメッセージのやりとりを続けるといいかもしれません。もちろん、メッセージで好印象を与えることができれば、距離が遠くても関係が発展する可能性もあります。メッセージなら会話よりも一呼吸置いて考えて送れますし、だんだんと会話の広げ方をつかめるようになると思います」

ゆいかさんとのロールプレイや、アプリでの「会話の練習」を経て、吉岡さんは見事3ヶ月後に本命の彼女ができた。2年経った今も、順調な交際が続いているという。

関連記事