2021.12.18

韓国・文在寅、ここへきて「TPP参加」したがっている「ウラ事情」

「貿易立国」の足元が崩れそうで…

文在寅、突然の「TPP加盟」の「ウラ事情」

韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は12月13日に開かれた対外経済長官会議で、「TPP加盟を本格推進するため、多様な利害関係者との社会的議論をもとに関連手続きを開始する」と表明した。

これまでTPP議論に消極的だった韓国政府が、「関連する世論」の取りまとめを始めるというのは、TPP加盟に向けた一歩前進といえるだろう。

文在寅はいったい何を考えているのか photo/gettyimages
 

しかし、韓国政府の立場は加盟申請ではなく「世論取りまとめ」にとどまっており残念との評価が出ている。

英国に続き中国と台湾まで既に加盟申請しており、現時点で加盟申請をしても順番が回ってくるまでに少なくとも2-3年待たなければならないとの声も聴かれる。

残り任期5か月の文在寅政権が加盟に向けた「社会的議論」を開始するのにどういう意味があるのか。

結局は次期政権に先送りするだけではないかとの声も上がっている。

SPONSORED