2021.12.21
# ライフ

33歳妻がマジギレ…義実家への「オンライン帰省」、結局「夫に一番腹が立つ」ワケ

「うまくやってくれよ」の一点張り
岡野 あつこ プロフィール

もうひとつは、「相手の健康をつねに気遣う」という点です。義父母とのオンラインでのやり取りが円滑にいくために大切なのは、お互いに言いたいことだけを主張することでもなければ、孫の顔を見せることだけでもありません。

「お義父さん、お義母さんが離れていても元気で暮らしていることを、私たち家族はいつも願っていますよ」という思いやりの気持ちを伝えることこそ、相手の心に刺さるものだと思います。

 

そのためにも、「くれぐれも健やかにお過ごしください」「あんまり無理しないでくださいね」といった言葉をあえて口にするのも大事なこと。なかなか対面で会うことが叶わないからこそ、伝わりにくいニュアンスを言葉にして贈る必要があるのです。

オンライン帰省は、毒にも薬にもなり得るもの。せっかく同じ時間と労力を使うのだったら、お互いが満足のいく形でコミュニケーションをとれるよう、ちょっとした気遣いを心がけましょう。

※登場された方のプライバシーに配慮し、実際の事例を一部変更、再構成しています。
SPONSORED