2021.12.18
# 不倫

「絶対に不倫なんかしないと決めていた」26歳OLが40代上司に体を許してしまったワケ

不倫は割り切った大人同士の関係……、とも限らないようだ。道ならぬ恋にどっぷりハマる中で、嫉妬の炎に身を焦がす人もいる。その余裕のなさが、ただでさえ脆い関係にヒビを入れるとも知らずに……。

優秀な先輩の「秘密」を知ってしまって…

不倫をしている男性は嫉妬深いという説がある。確かに不倫している既婚男性に聞くと、「自分は家庭があるから相手の女性とじゅうぶんな時間を過ごせない。だから自分のいないときの彼女のことが気になってしかたがない」という声は多い。

「だったら不倫なんかしなければいいのに」

苦笑しながらそう言う安田里佳さん(35歳・仮名=以下同)は、26歳から32歳までの6年間、既婚の上司とつきあっていた。

「別れてからも彼、ストーカーみたいになってしまって、警察に相談して警告してもらったこともあります。コロナ禍になって、やっと彼の執着もおさまったような気がする」

ようやく静かな日常が戻ってきたそうだ。

里佳さんは大学卒業後、現在も勤める企業に就職した。広報・宣伝の部署に所属していたのだが、矢部遼一さんが上司としてやってきたのは入社して3年目。遼一さんは「社内では有名な広報マン」だった。会社の幹部候補として、しばらくの間、あちこちの部署や営業所を回っていたらしい。

photo by iStock
 

「彼が広報として優秀だったことは他の先輩からも聞いていたので、その人の下で働けるのがうれしかった。私も広報の仕事がすごく楽しかったから、もっともっとがんばろうと決意を新たにした感じでした」

ところが最初は「ぶっきらぼうで嫌なヤツ」だったと里佳さんは笑う。

「部内のスタッフと1対1で面接してくれたのはいいんですが、こんなことをやりたいと熱く語っても、『あ、そう』という感じ。全然熱意をくみ取ってくれない。私が同僚に愚痴ったら、『え、私の話はちゃんと聞いてくれたよ』と言われて落ち込みました。私のことなど眼中にないんだな、と。まあ、いちばん下っ端でしたから今思えばしかたがないとも思いますが」

ところがその半年後、遼一さんに呼ばれた里佳さんは、大きなプロジェクトの一員として「やってみるか」と誘われた。

「とにかく動ける若い人がチームにほしかったようです。どんな理由でもいい、私としては実力をつけたい、自分のやれることを精一杯やりたいと思ったし、必死で食らいついていくつもりでした」

多くの人の尽力があって、1年にわたって稼働したそのプロジェクトは大成功。里佳さんは遼一さんから「よくやってくれた。本当にお疲れさま」とねぎらいの言葉を受けた。

「ただ、その時期、ずっと一緒に仕事をしていたから、知らなくていい彼の秘密も知ってしまったんです」

実は遼一さん、社内の別の部署の女性とつきあっていたのだという。彼は里佳さんより18歳年上、当時43歳だった。件の女性は彼の同期でふたりとも家庭があった。

SPONSORED