“人の死”が時代を動かす……学生運動を過激化させた「ある事件」

「政治の季節」が残したもの
授業料値上げ反対運動から始まり、知的なものと結びついていた学生運動は、いつから人の死を生み出すような凄惨さを帯びていったのか。
池上彰、佐藤優両氏が、過激化した左翼の失敗の歴史から「思想の力」の恐ろしさを解き明かす最新刊『激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972』から、学生運動の転換点について語った箇所を抜粋して公開します。
 

慶応大学から始まった学生運動

池上 安保闘争終結後の学生運動は、ブントや全学連は分裂しすっかり下火となってしまうのですが、1964年8月には北ベトナム沖のトンキン湾で、アメリカ海軍の駆逐艦が北ベトナム軍の哨戒艇に魚雷攻撃を受けたとされる「トンキン湾事件」が発生します。

これを受けて米国のリンドン・ジョンソン大統領はベトナムに戦闘部隊の派遣を命じ、ここからベトナム戦争の泥沼化が始まりました。そして日本でもこの翌年の1965年頃から、ベトナム戦争反対などの運動を通して、再び学生運動が盛んになってきます。

60年代の一連の「学園闘争」が最初に起きたのは、実は私の母校の慶應義塾大学であり、1965年1月に大学側が学費値上げを発表したことに学生側が抗議し撤回を求めた「学費値上げ反対闘争」として始まりました。

佐藤 今の若者は意外に感じるかもしれませんけど、慶應から始まったんですよね。

池上 その後さらに67〜68年頃になると、慶應大学医学部の研究のために米軍の資金を受け取っていたことが発覚して、大規模な抗議ストライキが起きたこともあります。

1965〜66年にかけて、そうした授業料値上げ反対運動などの要求実現運動が各地の大学で急に増えていきました。もっとも1965〜68年ぐらいの学生運動と60年安保闘争では、熱量などの点で全く違ったものではありましたけれどね。

学生運動が社会との接点を持っていた

佐藤 この時期の学生運動は60年安保のような大衆的な運動がすでに挫折した後の、革命への具体的な展望など見えない中での運動でしたからね。他方で新左翼のセクト諸派も、激しい内ゲバなどはまだ始まっていませんでしたから悲壮感もなかった。

だからその意味では、この頃はまだ学生運動が社会との接点を持っていました。これが70年代になるとかなり様相が違ってきます。

私のように1970年代の終わりから80年代にかけて学生生活を送った者から見ると、新左翼系の党派に入るということは少なくとも東京では「市民社会から降りる」ということと同義であって、暴力団の構成員になるのと同じぐらいの覚悟が必要でしたから。

池上 そうでしょうね。ですから66年頃の学生運動は、暴力団ではなく、暴走族の連中とつるんで走るぐらいの社会からの逸脱の程度だったのではないかと思います。

慶應の学生運動だって、学生たちが求めたのは「学費値上げ反対」という個別具体的な問題でしたから、このときは慶應の自治会が大会を開いて学生たちの賛否を投票で確認した上でストライキに入っています。

これとほぼ同時期には早稲田大学でもやはり学生たちが授業料値上げに反対し、学生会館の管理運営権をめぐって大学側と学生自治会が争った「第一次早大闘争」が行われていました。早稲田でも自治会が学生大会を開いて民主的にストライキ権投票をした上でストライキに入っています。

関連記事