2022.01.02

「中国を嫌いな韓国人」と「文在寅を嫌いな韓国人」がなぜか“急増”しているワケ

「自由の権利」を奪う奴らは許さない
田中 美蘭 プロフィール

韓国人の「ブランド志向」

このコメントで連想したのは、先日、米国の世論調査機関が世界17カ国を対象に行った「人生で最も価値があるものは何か?」という調査である。

調査結果で多くの国は「家族」や「健康」重視するも傾向にあることが表れた反面、韓国では「物質」という回答がトップとなった。いかにも「物質」すなわち「表面的」に物事を判断する韓国らしい回答であると感じたのである。

百貨店の新世界 photo/gettyimages
 

というのは、韓国人は自身の所有物に強いこだわりを持ち、「良い車」や「良い服」「良いカバン」やブランドを好み持つことがステータスと考ええるところがある。だからこそ「不景気」などと言いながらもデパートの高級ブランドのフロアは大賑わいである。

また、デパートでは良い車に乗って高級ブランドで着飾った客が優遇されるという話はある。このようなことから、ソウルに多くが集中する「一極集中」であること、日本の東京と地方の格差以上に韓国のソウルと地方の差は経済や教育、生活水準に至るまで大きいのは言うまでもない。

よって現代が出店を渋った理由に上げた地方からの客を見下するような感覚は韓国では珍しくないと言える。そして、現代に代わって出店を決めたのが、新世界であり2000年に江南店がオープンしたのであった。

SPONSORED