2022.01.02

「中国を嫌いな韓国人」と「文在寅を嫌いな韓国人」がなぜか“急増”しているワケ

「自由の権利」を奪う奴らは許さない

韓国で「モノ言う実業家」として注目されている新世界グループの副会長であるチョン・ヨンジン氏が、このほど中国の「共産党を嫌い」と発言して話題になっている。前編記事『「共産党が嫌い」… いま韓国人が「中国嫌い&反中ブーム」で盛り上がっていた!』では、いま韓国で広がる「反中感情」の高まりがあることを紹介した。

そもそもチョン氏とはどんな人物で、今回なぜこのような発言に踏み切ったのか。そして韓国ネット民たちの反応は――日本では知られていないそんな最前線をレポートしよう。

チョン・ヨンジン氏 photo/gettyimages
 

新世界グループ「大躍進」の立役者

1968年生まれのチョン氏は、母方の祖父がサムソングループの創始者であるイ・ビョンチョル氏であり、サムソン電子副会長のイ・ジェヨン氏とは従兄弟の関係にあたる。

高校卒業後は難関のソウル大学の人文学科で西洋史を専攻するものの、中退、米国に渡りブラウン大学で経営学を学び卒業した。

韓国版のウィキペディアに記載されたチョン氏の経歴もさることながら、関心分野も運動からグルメ、ファッション、文学とかなりの博学と多彩な趣味があることがうかがい知れる。

SPONSORED