まーちゃんがステージに戻って来る日まで…

モーニング娘。では、メンバーの卒業が半年前から1年前を目安に発表され、シングルのリリースイベントやコンサートツアーで全国のファンへの挨拶を経た後に卒業公演を行うのが恒例です。
しかし、佐藤優樹は発表から2カ月という異例の早さで卒業を迎えます。しかも、体調を鑑みて、自身の卒業シングルでありながらリリースイベントは彼女を除くメンバーで行われており、モーニング娘。としての佐藤優樹を生で見られる機会は、残すところ12月13日の日本武道館公演のみとなりました。

モーニング娘。’21「ビートの惑星」時のメンバー
-AD-

チケットは当然のごとく超プレミアに。ハロー!プロジェクトのファンクラブ会員である僕も、先行抽選、二次抽選、一般発売すべてに惨敗。無念……。

佐藤優樹がアイドルでいられる時間は、残りあとわずか。
卒業後もソロで音楽活動を継続していくとアナウンスされていますが、しばらくは療養に入る上に、卒業後の音楽活動が表舞台に立つものであるかは保証されていません。

卒業公演のチケットを手にできなかった僕にはもう、こうして佐藤優樹について言葉を紡ぐことしかできない。
人間として、女性として、そしてなによりアイドルとして、彼女は10年間にわたって多くの人を魅了し続けて来た稀有な存在です。
一人でも多くの人に「アイドル・佐藤優樹」の功績を覚えておいていただけたら幸いです。
そしていつの日か、まーちゃんが再びステージに帰って来てくれますように。

ありがとう、まーちゃん