ウイルスをまき散らしていると差別され…コロナ禍を戦う“看護師”たちの悲痛な声

“世の中が外出自粛ムードになり、ステイホームという言葉が当たり前になっていた頃、病院という特別な場所はいつも通りの機能が求められました――。”

新型コロナウイルスの世界的流行が続く中、2度目の冬を迎えようとしている。医療崩壊が危惧されていた頃、病院の中では一体何が起こっていたのか。今も北海道で看護師として働くあさひゆりさんが発信しているマンガ「コロナ禍でもナース続けられますか」が大きな反響を集めている。

激務を見守る家族の想い、いわれのない差別、続出する重症患者…最前線で奮闘する医療従事者には底知れぬ葛藤と苦悩があった――。

『コロナ禍でもナース続けられますか』(竹書房)
 

これが本当に現実なのか…そう思った

あさひゆりさんは、執筆に至ったきっかけについてこう語る。

「コロナ流行当初から医療物資の不足やコロナ感染の対策などにより、今まで当たり前にしていた医療業務ができなくなっていました。感染の恐怖や日々変動する現場の状況に気持ちが追いつかず離職するスッタフもいました。裏で泣いているスタッフもいましたし、診て欲しいと懇願する患者さん達を追い返すこともしました。

「コロナ禍でもナース続けられますか」より

そんな状況が長く続いて、これが本当に現実なのかというか…毎日が映画かドラマの中のようなちょっと信じられない、そんな感覚でした。毎日テレビで報道される感染者数、死者数。そういったものはこれからの歴史に大きく残されていきますが、現場の看護師達の心情や葛藤というのはなかなか数字では表せられないと思います。

実際に自分が看護師として過ごしたコロナ禍をそのまま漫画で残せたら、老若男女、より多くの人にこの現状を知ってもらえるのではないかと思いました」

関連記事