2021.12.11
# ライフ # メルカリ

メルカリで“良かれと思って”つけた「オマケ」で大失敗…一緒に出品してはいけないもの

川崎 さちえ プロフィール

ユニクロ商品を出品するときのコツ

メルカリではユニクロの商品が人気になることが多々あります。しかし、あまり利用したことがない人などに、「ユニクロの商品が売れますよ」と言うと驚かれることも少なくありません。

というのも、「ユニクロの商品=お手頃価格で安い」という印象が強いので、わざわざメルカリで買う人がいるのか?と考えてしまうようです。

photo by gettyimages

でもユニクロは、取引されるブランドとしては圧倒的な人気。2020年7月に発表になった「取引ブランドランキングTOP 10」でも、第1位。しかも3年連続です。

そのような人気ブランドであるユニクロ商品は、比較的売りやすいアイテムになってきます。

ただし先ほども書いたように、ユニクロの商品はもともと価格が安いものがたくさんあります。そういったものは、まとめ売りをしないと売りにくいのは事実。例えば1着700円〜800円程度で買えるTシャツを、わざわざメルカリで、しかも中古品を買う人はあまりいないでしょう。でもこのような中古のTシャツが5枚、10枚とそろったら価値が出てきます。

 

一方で、ユニクロの商品でも単品で売れるものもあります。当然ながら値段が高いものです。

例えばウルトラダウンのように10,000円を超えるような商品の場合には、単品だけでも充分通用します。値段が高いものは、その商品自体を狙っていることが多く、他の商品とまとめてあっても魅力を感じてもらえないことも少なくありません。

むしろ「そのおまけはいらないから値段を下げてくれ」と言われる可能性すらあります。そのためこのような商品は他の商品とまとめてはいけません。

SPONSORED