日本は再び「コロナパニック」に陥るか…? いまもっとも怖い「食べ物から感染」の実態

冷凍食品に付着した新型コロナウイルスにより、中国・大連で感染が拡大していることは、前編の「中国・大連で異変…!新型コロナ、ここにきて「冷凍食品」から続々と感染が広がっている」でお伝えしたとおりだ。

しかも今回は、実は感染力の強い変異株が蔓延している恐れがあると専門家から指摘されている。食品のほとんどを輸入に頼っている日本で、万が一持ち込まれたどういうことになるのだろうか…?

冷凍しても、死滅しない

これまでも、冷凍食品自体にウイルスが付着している例は報告されてきた。しかし、たいていの専門家はこう楽観的に見ていたものだ。いくらウイルスが食品に付着していたとしても、冷凍されていれば輸出国から運ばれる最中に死滅してしまうのではないか—。

ところが、そうではなかった。シンガポール国立大学病院感染症専門医のデール・フィッシャー氏はこう解説する。

「WHO(世界保健機関)の研究によると、新型コロナウイルスの常温での生存期間は最大7日間だとされています。ただ、私が独自に研究してみたところ、なんと冷凍状態(マイナス20℃)にあると2〜3ヵ月も生き延びることが判明したのです。新型コロナは低温状態だと非常に長生きするウイルスなんです。

輸出されるのが冷凍食品であれば、相手国に到着しても付着したウイルスが生きている確率が高い。汚染された冷凍食品に触っただけで感染してしまうので、移送される先々で感染者を増やしてしまうのです」

Photo by iStockPhoto by iStock
 

国民一人あたりの冷凍食品年間消費量が世界第5位の日本にとって、衝撃的な事実だ。しかも、国内供給量の約半分を輸入に頼っている。いつ、冷凍食品を介した感染爆発が起きてもおかしくない。

「昨年末、豊洲市場で160人規模の集団感染が起こっていたことが明らかになりました。東京都は『感染経路が追えないケースが多いため、クラスターではない』と説明しましたが、冷凍食品を介した感染だった可能性は否定できません。

いま、感染の再拡大が懸念されている国は韓国やアメリカ、欧州など多数あります。そうしたところから、新型コロナが付着した冷凍食品が持ち込まれるかもしれません」(ジャーナリストの小倉正行氏)

関連記事