次々とヒットを飛ばしている韓国ドラマ。『イカゲーム』の人気が冷めやらぬ中、新たに世界的ヒットとなったのが『地獄が呼んでいる』である。

-AD-

世界71の国と地域でTOP10入り

『地獄が呼んでいる』は11月19日に配信がスタートすると同時にランキングに食い込み、わずか3日で1位の座を『イカゲーム』と交代。韓国のみならず、日本をはじめ世界71の国と地域でランキング上位に入った。

この世の者ではない何かが突然現れ、人々は死亡時刻を告知される/『地獄が呼んでいる』より

タイトルからして何やら不気味さを連想させる『地獄が呼んでいる』。ある日突然、この世の者とは思えない何かから死亡時刻を告げられ、その日時に現れる3体の怪物によって凄惨にリンチされたのち焼き殺される事件が次々と起こる。それを「神の裁きだ」と主張する新興宗教の存在、そしてその謎に迫ろうとする者たちの対立を軸にストーリーは展開していく。

ユ・アインが新興宗教の初代・教祖を演じている/『地獄が呼んでいる』より

主演はユ・アイン。これまで爽やかな青年の役柄が多かった彼が冷酷でミステリアスな雰囲気を持つ若き新興宗教の教祖を演じている。

『梨泰院クラス』と同様、ウェブトゥーン(スマホ向けの縦読み漫画)発のドラマでもある本作。近年、韓国ではウェブトゥーンやウェブ小説の人気が高まっており、ウェブトゥーン発のドラマも少なくないが、『地獄が呼んでいる』のヒットでウェブトゥーンから世界的ヒットが生まれることを証明したと言える。

さて、快進撃が続いているNetflixオリジナルシリーズの韓国ドラマだが、『イカゲーム』も『地獄が呼んでいる』もその表現の過激さから万人受けするとは言えない作品である。しかし、なぜ今こうした作品が注目をされ、人気を集めているのだろうか。2作から、ある共通点が見えてきた。