2021.12.10
# 詐欺

12月は「詐欺」のかき入れ時…「トイレ貸して」「郵便ポスト」に要注意したい理由

「強引な手口」が増加中

年末年始は家に多額の現金がある

12月は特に注意したい特殊詐欺/photo by iStock

12月を詐欺グループはお金を騙し取るための絶好のかき入れ時とみています。

年末にかけて、仕事に追われて実家に帰れない息子・娘は多く、高齢の親への注意も緩慢になりがち。年末年始はなにかとお金が必要になりますし、年始は銀行が休みなので、多額の現金を家に置いておく高齢者も多くなるでしょう。まさに、詐欺グループはこうしたお金を狙ってきます。

 

それに輪をかけるように、コロナ禍でお金に困って、借金返済などのためにSNS上の闇バイトの募集に応募する人も多くなっています。今年は例年以上に警戒しなければなりません。

しかも、詐欺の手口は多様化しています。今回、最近起きた事例から「還付金詐欺からの押し入り強盗」「トイレ貸して窃盗」「自宅の郵便ポストで詐欺」の3つについて、その手口をみていきたいと思います。

SPONSORED