親だけでも落ち着いてみせることが大切

親の落ち着きは子どもの安心につながるPhoto by iStock
-AD-

一番大切なことは、親は「軍師」として最悪想定をしておくこと。そして、子どもへの影響を極力抑えること。
突発事故が起きた時には、とにかく親の動揺を見せないで、対応できることをやるしかありません。大概のことはなんとかなるものです。
親が落ち着いている、落ち着いてみせることは(ポーズだけでも)、戦いのメンタルのために、思う以上に有効な戦略の一つになるのです。

ちなみに、「心配症のお母さんを置いて、日ごろ距離のあるお父さんと行ったところだけ受かりました」というケースも、なぜかよく聞くんですよね(笑)。
2021年度入試は、新型コロナウイルスへの警戒で、これまで以上に神経を使う場面が増えていました。
うがい、手洗い、消毒を徹底しすぎるほどやって、最後に教室に子どもを送り出した時は、
「ああ、これで私の役目は終わった」
と思い、崩れ落ちてしまった……と話してくれたお母さんもいました。

20年以上やっていますが、毎年入試期間中は僕もそわそわとしてしまい、眠れない日が続きます。
お父さん、お母さん、どんなことが起こっても、最後は笑顔で、戦士である子どもを送り出してあげてください。それが「軍師」の任務の一つです。

『予約殺到の東大卒スーパー家庭教師が教える 中学受験 自走モードにするために親ができること』
「6年生からのスタートで遅くなってしまった…」「偏差値が低迷してしまった」「飽きっぽい、すぐあきらめてしまう」中学受験は考えていても、なかなかうまくいかない家庭必須の書!
SNSで「ジュクコ」として人気、東大卒のプロ家庭教師が、これまで2500を超える受験家庭を見てきた経験から、中学受験に悩むすべての親へ「戦略の立て方」を大公開する一冊。
初期限定動画として「イチ推し学校ランキング」も収録。