受験当日に向けて、気をつけておくことは?

「受験当日、親として何か気をつけておくことなどあったら教えてください」という質問も多く聞かれます。 
1月に入ったら、起きる時間を当日と同じにしておくようにしましょう。できたら、出発の2時間くらい前までに起きるようにしたほうがいいです。

当日は、日ごろ落ち着いている親御さん、のんきにしていたお子さんにも、なぜか「思いがけないこと」が起こりがちなのです。
とにかく何か突発事故が起こっても、親があわてないことが一番。いきなり親がトップギアのテンションに入ってしまうことが、最も避けなければならないこと。そのためのリスク回避策の一つが、「出発の2時間前に起きておく」です。
思いがけない本番の事件簿、僕の20年間の実例を挙げておきましょう。

・乗るバスを間違えた(何度も行っていたのに)
・反対方向の電車に乗ってしまった(何度も行っていたのに)
・大雪で電車が止まった
・子どもが朝の電車で吐いた
・当日朝、初潮があった
・前日胃腸炎にかかった
・お弁当を忘れた
・受験票を忘れた
・滑り止め校の不合格を食らった
思いがけず起こりうる本番のトラブルPhoto by iStock
-AD-

「ひええ……」とビビッてしまったお父さん、お母さん、ごめんなさい。決して脅したくて、この事例を書いたのではありません。
落ち着いているつもりでも、どこか精神状態が高ぶっているので、「当日に限って」やらかしてしまうこともあるし、運命的に避けられなかったことが起きてしまうことはありうるのです。

でも、起きてしまった時に、
「長谷川センセが言っていたのはこれか!」
「このパターンで、きたか!」
と一瞬でも思えれば、わずかながら余裕ができる、と思って、あえて列挙してみました。