2021.12.11
# 学校・教育

「お受験ストレス」で娘をいじめる女の子、親に苦情を入れたら返ってきた「驚きのひと言」

同じ幼稚園に同い年の娘を通わせる青木京子さん(40歳・専業主婦・仮名、以下同じ)とA子さん(39歳・専業主婦)。母娘ともに仲良くし「卒園したら同じ小学校だね」と話していましたが、年長になった頃からA子さんの態度が急によそよそしくなります。

じつはA子さんは青木さんに黙って、娘を小学校受験の塾に通わせていたのです。そのことを人伝てに聞いた青木さんは、驚きとともに怒りに近いモヤモヤとした気持ちを抱きます。

【前編】「ママ友の裏切り…「抜け駆けお受験」に「怒りとモヤモヤ」を抱える40歳主婦の心情

〔PHOTO〕iStock
 

あれだけ仲良しだったのに

娘さんから「B美ちゃん(A子さんの娘)と遊びたい。なんで遊べないの?」と言われても、何と答えて良いかわからなかったという青木さん。「B美ちゃんのママ、おうちのことで忙しくて遊べないんだって」などとお茶をにごす日々のなか、事件は起きました。

娘さんが、園から帰ってくるなり「園でB美ちゃんにいじわるされた」と泣き出したのです。聞くと、「いっしょに遊ぼう」と何度いっても無視されたり、他の友達といっしょに遊ぶときにわざと仲間はずれにされたりしたとのことでした。

「あのやさしい性格だったB美ちゃんがなぜ…」とショックを受けつつも、この年齢の時期にありがちな友だち同士の軽いイザコザなのではないかと判断した青木さんは、娘さんをなぐさめつつ様子をみることにしたといいます。

関連記事