2021.12.15
# 不動産

夫のうつ病で「4600万円のマイホーム」を手放し、自己破産…すべてを失った50代女性の悲劇

太田垣 章子 プロフィール

収入のない専業主婦の優子さんが連帯保証人というのも不思議な気がしましたが、住宅取得の頃にはご主人の仕事を手伝っていたということ、名義が10分の1入っていること、さらに優子さんのご実家が裕福で相続で何がしかの財産を取得するのでは、などとご主人が考えたのかもしれません。

優子さんご夫妻は、いまから15年前に4600万円の戸建てを取得しましたが、自営業ゆえにローンの支払いが厳しかった時期もあり、残高はまだ4000万円以上も残っていました。

結局破産してしまった

「もともといい加減な人なんです。借金でも背負えば、責任感を抱いてもう少しがんばると思っていたのですが」こう言って優子さんはため息をつきます。ただもしかしたらこの思いが、ご主人にとってはプレッシャーとなり、逃げだしてしまうトリガーになったのかもしれません。

万が一ご主人が破産するとなると、優子さんも一緒に破産手続きしなければ、住宅ローンの残債分等がかかってきます。破産となれば、車などのある程度の財産も手放さなければならなくなります。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

「そんなこと絶対に嫌です。家も車もなくなるですって? そんなこと耐えられません」

優子さんは頑なに首を横に振りますが、ご自身でローンを支払えるくらいの経済力を持っていないため、前には進めません。ご実家も今は頼れる存在ではなく、出口がありませんでした。

優子さんのおっしゃる「借金でも背負えばがんばる……」という考えは一理あるかもしれません。しかしその反面非常に危険でもあります。特に不動産は高い買い物でもあり、長いローン支払いの間も個々の状況が変わることもあります。

場当たり的な「精神論」で突き進んでしまうと、それは賭けも同然。賭けが外れてしまうと、対応しきれなくなってしまいます。まして連帯保証人ともなれば、債務者次第で大きな責任を負ってしまうことにもなるのです。

関連記事