2021.12.15
# 不動産

実家の援助で「5800万円のマイホーム」をたて「家庭が崩壊」した、ある夫婦の悲劇

太田垣 章子 プロフィール

一方のご主人は、母親の細腕だけで育てられ、いつか一戸建てに住みたいと営業職で頑張ってきました。結婚して家族を作って、マイホームに住む−−。これが賃貸で育ったご主人の夢でもありました。

頭金も長年のローンも、夫婦共働きで頑張れば何とかなる、当初はそう思っていました。しかし、結婚して最初の3年間は共働きしたものの、上のお嬢さんが病気がちだったこともあり、京子さんは退職して専業主婦に。

Photo by iStockPhoto by iStock
 

ご主人ひとりで家族4人の生活費を支えながら住宅取得のための頭金を貯めることは簡単ではなく、京子さんもご主人もマイホームへの夢を諦めかけていたところの贈与申し入れでした。

ご主人は義父に対して心苦しいと思う反面、自分一人で残りの5000万円もの住宅ローンを組めたことは、今まで頑張ってきたことが社会で評価された気がしてとても嬉しかったのです。

家に居場所がなかった

都内の会社に勤務するご主人の通勤は大変でしたが、郊外の空気の良い場所の住宅地での生活は、快適そのものでした。京子さんのご両親も子育てを手伝うために、足繁く通ってくれました。ご近所からも「仲の良いご家族ですね」と言ってもらえるほどでした。

でもそんな生活は長くは続かなかったのです。家を購入して3年半が経ち、その頃から少しずつご主人の帰りが遅くなり、外泊するようになりました。案の定心配していた浮気が発覚。京子さんにとっては、寝耳に水でした。

「家を持ったと思って、気が大きくでもなったの? でも貴方だけで買えた家じゃないでしょう?」京子さんの言葉に、ご主人は「それが辛くなったんだ」とだけ言い残し、家を出て行ってしまいました。

そこから何度か復縁の話し合いをかさねましたが、ご主人の離婚の意思は揺るぎませんでした。かたくななご主人の様子に京子さんも復縁を諦め、離婚する決意を固めましたが、そこで問題になったのが、「家」だったのです。

持ち家は共同名義なのと、かなりの額のローンが残っていたため、売ろうにも売れない状態でした。娘を育てるためにもなんとか家は手放したくないけれど、専業主婦の京子さんはローンの借り換えはできない。まさに八方塞がりの状態をどうすれば解決できるのか…その詳細は後編の「夫のうつ病で「4600万円のマイホーム」を手放し、自己破産…すべてを失った50代女性の悲劇」でお伝えします。

太田垣章子著『不動産大異変』

関連記事