日本は20年後に経済規模で韓国に追い抜かれる-その残念な理由とは

すでに起きているいくつもの指標の劣後
野口 悠紀雄 プロフィール

20年後に起きること

豊かさを表す客観的な指標と見なされているのは、「1人当たりGDP」だ。これで見るとどうか?

ドル換算での値を見ると、2020年で日本が4万0146ドル。韓国が3万1496ドル。まだ日本が高い。

しかし、問題は成長率だ。2000年から2020年の間に、日本の値は1.02倍にしかならなかったが、韓国の値は2.56倍になった。日本が停滞している一方で、韓国が急速に伸びている。その結果、2000年には31.3%でしかなかった韓国の1人当たりGDPは、20年には78%になっている(図参照)。

これまでの 傾向が将来も続くとすれば、数年後に韓国が日本を追い越すのはほぼ確実だ。そして、その後さらに格差が広がっていくだろう。20年後には、日本が4万1143ドルに対して韓国が8万0894ドルとなり、ほぼ倍になるだろう。したがって、人口が半分の韓国のGDPは、日本とほぼ同じになる。

 

■日本と韓国の1人当たりGDP(単位:ドル)

IMFのデータより筆者作成

関連記事