日本は20年後に経済規模で韓国に追い抜かれる-その残念な理由とは

すでに起きているいくつもの指標の劣後

韓国の賃金は日本より高くなった。様々な指標で、韓国はすでに日本を抜いている。

30年前、日本は世界のトップにいた。90年代末に両国は経済危機に見舞われたが、対応が違った。韓国人は、大学を充実させ英語力をつけて、競争力を向上させた。日本人は何もしなかった。その結果がいま現れている。

by Gttyimages

韓国は日本より豊かな国になりつつある。

OECDのデータによると、2020年における年間平均賃金は、日本が38515ドル。韓国が41960ドルだ。韓国は日本より豊かな国になりつつある。

実際、韓国はすでに日本より強い経済力を持つ国になっている。様々な世界ランキングで、韓国は日本より上位にある。

スイスの国際経営開発研究所が作成するランキングでは、2021年の順位は、韓国が23位で、日本は31位だ。「デジタル技術」では、韓国8位、日本が27位だ。

国連が発表した電子政府ランキングでは、2020年で、韓国は世界第2位で、日本は14位だ。

時価総額の世界トップ100位までに入る企業を見ると、韓国のサムスンが14位。これに対して、日本でトップのトヨタ自動車は36位だ。時価総額はサムスンが4799億ドルで、トヨタの2444億ドルの倍近くになっている(2021年6月末現在)。

 

韓国はすでに2019年から5Gを商業化した。日本はいつになるのか見当もつかない。私は昨年秋に5G対応スマートフォンを買ったのだが、いまだに5Gのサービスを利用できない。

このように、さまざまな指標が、韓国の経済力が日本を上回ってしまっていることを示している。

関連記事