2021.12.22

インドネシアの小人「ホモ・フロレシエンシス」の発見は、何が衝撃だったのか?

「高く、大きく」進化の定説を覆す!?
ヒトとチンパンジーとの共通祖先からホモ・サピエンスへの進化について、いくつかの特徴がありますが、直立二足歩行の進展によって「背が高くなっていったこと」、食料確保のための工夫などで「大脳が大きくなっていった(頭蓋容量が増大した)」ということがあげられるでしょう。

しかし、そんなヒト進化の定説を覆す化石が、2003年インドネシア・フローレス島で発見されました。後に「ホモ・フロレシエンシス」と名付けられる種族です。研究チームに参加、さらには復元像制作にも携わった著者に、このホモ・フロレシエンシス発見の意義を解説してもらいます。

ヒト属の進化を整理

ヒトとチンパンジーとの共通祖先から我々ホモ・サピエンスへの進化は、かなり複雑である。以前の記事でも述べたことがあるが、次のような5段階に整理するとわかりやすい。

  1. 初期猿人(700〜600万年前に出現)
  2. 猿人(400万年ほど前に出現)
  3. 原人(200万年ほど前に出現)
  4. 旧人(70万年ほど前に出現)
  5. 新人・現生人類(20万年ほど前に出現)

いずれもアフリカで誕生しているが、初期猿人と猿人はアフリカを出ることはなかった。脚も長くなり直立二足歩行が完成した3の「原人」が、疎林から離れ、草原に拡がった。彼らは道具を使い、一部は火も使い、肉を含む多様な食物を食べ、やがて180万年ほど前からユーラシアに拡散した。

この段階は、ものを掴む「母指対向把握能力」の発達や不要になった「犬歯の退化」などの"ヒトらしさ"の発達の過程を反映している。「日本顔学会」にも所属する人類学者としては、咀嚼器官が、我々ではすでに退化しているけれども、この5段階の途中で部分的に拡大した頑丈型猿人がいることも忘れられない。

【図】人類進化の5段階人類進化の5段階 『「顔」の進化』より

しかし、なんといっても「立っていたが、よちよち歩きだった初期猿人」〜「短い脚でもしっかり歩いた猿人」〜「ときには走った原人以降」という二足歩行の発達により背が高くなったこと脳の拡大によって頭が大きく丸くなっていったことが大きな変化としてあげられる。

食物を得る工夫は大脳を大きくさせた!?

先ほど触れた頑丈型猿人は、約250万年前のアフリカ全体が徐々に乾燥していくのに際し、硬く砂混じりの食物を食べるために顎と臼歯を巨大にしていくことで、草原の厳しい生活を乗り越えようとしたものたちである。

それに対して、広い草原を探索し、石器や木の棒などを使って、多様な軟らかい食物をうまく手に入れようとしたグループがある。顎と歯は徐々に退縮し、そのような工夫を生み出すために、大脳が徐々に大きくなっていった。原人である。

【中国東北部にまでやってきたホモ・エレクトス「北京原人」。頭骨(左上)と、復元画 (石井礼子) 『「顔」の進化』より

猿人は、腕が強力で、脚が短く、疎林の生活から完全に離れることはできなかったが、約200万年前以降の原人は、徐々に腕が短くなり、脚が長くなって、疎林から完全に離れて暮らすことができた。その結果、180万年前以降、人類の祖先は、アフリカ北部の乾燥地帯を越えてユーラシアに拡散していくことになったのである。

関連記事