2021.12.13
# 年金

年金を「60歳、65歳、70歳、75歳」からもらって一番おトクなのは…? その「意外すぎる答え」がわかった!

加茂 直美 プロフィール

「繰り上げ受給」で得する人たち

これは、早く年金を受給したい人にとっては、わずかながらうれしい話といえる。

「たとえば、老齢基礎年金を60歳から繰り上げ受給すると、年金額は本来の24%減額されます。つまり満額で考えれば78万900円が59万3484円になってしまう。しかし、たとえ24%減額しても、79歳までしか生きなかった場合は、本来の65歳から受給を開始するより、年金の受け取り総額が多くなるのです」

「これならば、減額されても問題なし」と思うかもしれない。しかし、80歳を超えて生きた場合は、65歳からもらい始めた人の年金総額のほうが、60歳繰り上げ受給の年金総額を上回るようになる。

 

「年金は、早めにもらうと減額され、その減額率は一生涯続きます。繰り上げ受給を選択した人が、予想外に80歳、90歳まで生きた場合、減額された年金を長期に渡って受け取ることになります。その結果、長生きすればするほど、本来受給や繰り下げ受給で受け取る年金総額から差がついてしまうのです」

年金は「寿命」という不確定な要素によって、損益分岐点が変わってしまう。

SPONSORED