2021.12.13
# 年金

年金を「60歳、65歳、70歳、75歳」からもらって一番おトクなのは…? その「意外すぎる答え」がわかった!

加茂 直美 プロフィール

65歳・70歳・75歳で「徹底比較」してみたら…

75歳繰り下げ受給は、長生きすればするほどお得な制度ということになる。

しかし、長生きしても、その間が“寝たきり状態”ということになれば、年金が増額しても、その大半を医療費や介護費として使うことになる。

「もしも、健康なうちにできるだけ多くの年金をもらいたいと希望するなら、健康寿命までにもらえる総年金額もチェックしておくとよいでしょう」

平成28年国民生活基礎調査・健康票から算出された健康寿命は、男性が72.4歳、女性が74.91歳となっている。これらの年齢を過ぎると、健康上の問題で日常生活になんらかの影響が出始めることが考えられる。

 

「そこで、65歳、70歳、75歳の各年齢から健康寿命までにもらえる老齢基礎年金の総額を比較してみました。

男性は65歳から受給した場合、72歳までにもらえる総年金額は625万円。しかし、75歳まで受給開始を待った場合は、健康なうちに受け取れる年金額は0円になってしまいます。

一方、女性の場合はどうでしょう。65歳から75歳まで健康なうちに受け取れる総年金額は、859万円です。75歳繰り下げの場合は、かろうじて1年分の143万円が健康なうちに受け取れる年金額となります」

SPONSORED