2021.12.13
# 年金

2022年の年金大改正、なんと「75歳受給」で「年金額が84%も増える」という衝撃事実…!

加茂 直美 プロフィール

最大増額率だけで選ぶとかえって損するケースも

小泉氏は言う。

「それでは、84%増額した金額を、実際の例でみてみましょう。2021年度の老齢基礎年金の満額は、年金請求を65歳で行った場合、年額78万900円です。たとえば、この金額で年金請求を10年遅らせて75歳から受給を開始すると、年額143万6856円になります。

超低金利が続く今、銀行に78万円を10年間預金してもほとんどお金は増えません。しかし、年金は受け取り開始を10年遅らせただけで、65万5956円も増額します。これは、78万円を6.3%の利回りで10年間運用したのとほぼ同じ増え方で、たしかにかなりのお得度と言えるでしょう」

銀行に預けるよりよっぽどまし photo/iStock
 

「元本割れなどのリスクなしで、お金が10年で約65万円も増える」と考えれば、貯金や投資より、年金の繰り下げ受給がもっとも手っ取り早い老後資金の確保法とも思える。

しかし、84%増はあくまで1年分の年金額を比較したもの。年金は終身で受け取るものということを考慮すれば、話は少し変わってくる。

「目先の最大増額率だけで受け取り開始年齢を決めてしまうと、生涯で受け取る年金総額でかえって損をすることもある」と、小泉氏は注意を促す。

SPONSORED