2021.12.13
# 年金

2022年の年金大改正、なんと「75歳受給」で「年金額が84%も増える」という衝撃事実…!

年金大改正、75歳からもらうと年金額が84%増…!

2022年4月からスタートする年金大改正は、「人生100年時代」を見据えて長生きを前提とした年金制度に大きくシフトする。今回の改正で注目されているのが、受給開始時期の選択肢の拡大とそれに伴う年金の増額率だ。果たして、この改正はこれから年金をもらう世代にとってどのような影響を与えるのか? このほど『60歳からの得する! 年金大改正 働きながら「届け出」だけでお金がもらえる本』を監修した、特定社会保険労務士の小泉正典氏に話を聞いた。

年金大改正で「何が」変わるのか…? photo/iStock
 

年金の受給開始年齢は、原則65歳。ただし、現在は希望すれば、60歳から70歳までの間で受給開始時期を選べるしくみがある。

改正後は受給開始時期の上限が5年引き上げられ、75歳まで選択が可能となるのだ。制度が変わることで2022年4月1日以降に70歳になる人(1952年4月2日以降生まれ)で、まだ年金請求をしていない人は、75歳までの繰り下げ受給を選ぶことができるようになる。

年金を66歳以降にもらい始めることを「繰り下げ受給」と呼ぶ。

繰り下げ受給は、ひと月あたり0.7%年金が増額するルールがある。つまり、上限の75歳まで年金受給開始年齢を繰り下げると、年金額が自動的に84%も増えることになる。かなりの増額率だが、いったい金額としてどれくらい増えるのか。

SPONSORED