2021.12.09
# 日本史

「無差別爆撃」を発案したのは山本五十六…という説は本当なのか?

真珠湾攻撃から80年を経て
大木 毅 プロフィール

かかるヒントから推測するならば、現在の史料状況のもとではという留保はつくにせよ、南京その他の無差別爆撃は、山本の発案によるものではないとみてもよかろう。事実、彼が無差別爆撃を主唱したと仮定することは、ここまで、そして、これからの山本の言動と矛盾することになる。

以上、やや主題からそれたが、山本の用兵思想を考える上で重要なポイントであるので、論じてみた。

 

山本の先見性と限界

ともあれ、艦船攻撃や基地爆撃のみならず、想定外の用途である戦略爆撃の能力も含めて、日中戦争で示された九六式陸攻の威力は、同機の開発を命じた山本の作戦・戦術次元における先見性を証明し――同時に、その限界をあきらかにすることになった。

3日間の戦闘で、鹿屋航空隊の作戦可能機は18から10に、木更津航空隊は20から8に激減していたのである。戦闘機の掩護がない大型機による爆撃行は、大損害必至ということがあきらかになった。

ドゥーエの支持者、あるいは日本海軍航空隊の少なからぬ搭乗員のあいだで唱えられていた戦闘機無用論、爆撃機を多数備えて敵国を圧倒するほうが重要だとする主張は間違いであることがはっきりしたのだ。

また、九六式陸攻の脆弱性も判明した。にもかかわらず、九六式陸攻やその後継機である一式陸攻に、かかる弱点を克服する措置が充分にほどこされることはなかった。

ゆえに、陸攻隊の悲劇は、太平洋戦争において、より拡大されたかたちで繰り返されるのである。

SPONSORED