食べることは、生きる基本。だから、子どもは“食育”を通して、食にまつわる正しい知識を身につけ、生きる力を育みます。でも、大人はどうでしょう? 食を取り巻く状況は日々目まぐるしく変わっています。深刻化している貧困問題や、社会全体での取り組みが叫ばれている食品ロス問題。漁業も、農業も、今大きな転換期にあります。未来の食を考えるには、現状を知ることが大切。今知っておきたい食の課題と、解決に向けた取り組みを学びましょう。

さまざまな社会課題と繋がるフードロス&ウェイスト問題。あらゆるシーンで廃棄される食品と対策について考えました。

講師:小林富雄さん
こばやし・とみお/愛知工業大学経営学部経営学科教授、サスティナブルフードチェーン協議会代表理事、ドギーバッグ普及委員会委員長。食品のサプライチェーンから発生する食品ロス研究に携わる。

「フードロス&ウェイスト」問題、
日本は“可食部”に注視した概念。

食べ物は、農業や漁業の生産現場から、貯蔵施設、食品工場に運ばれ、やがてスーパーなどの小売店、レストラン、家庭へと流れるように繋がっている。このサプライチェーンの過程で起きているのが、まだ食べられるにもかかわらず、さまざまな理由から廃棄されている「フードロス&ウェイスト」という問題だ。世界では年間で13億tの食料が毎年廃棄されている。日本での食品ロスは、年間約600万tで、東京ドーム約5つ分にあたると言われる。国民一人当たりの食品ロス量は1日約130g、年間約47kg。私たちは、毎日茶碗1杯のご飯を捨てていることになる。長年フードロス研究に携わる小林富雄さんはこう話す。

「日本の場合は、年間約600万tのうち、図にある生産から小売り・外食までの事業系食品ロスで324万t、家庭から出る家庭系食品ロスで276万tとなっています。事業系食品ロスは、規格外品、返品、売れ残りや食べ残し。家庭系食品ロスは、食べ残し、過剰除去、直接廃棄が主な理由となります」

-AD-

また、日本で使われている「フードロス(食品ロス)」という言葉は、食べ物を無駄にしていることは変わらないが、世界とは意味あいが異なる。

国連で定義されるFood Lossは、主に天候不順や劣化、産地での生産・収穫から店舗に届くまでの輸送中に発生した廃棄のこと。Food Wasteは、まだ食べられるにもかかわらず、人の自由意思に基づいて捨てられてしまうもの。食べ残しや賞味期限切れ食品などで、小売りや消費の段階で廃棄されるものです。

SDGsでの削減目標に『2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の一人当たりの食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける食料の損失を減少させる(ターゲット12.3)』とありますが、人間の自由意思によるものは人間の努力で半減できるはずということで、Food Wasteの目標をより高く具体的に掲げています。

一方で、日本語でいう『フードロス(食品ロス)』は、食品から発生する廃棄物全体を指す『食品廃棄物』のうち、まだ食べられる部分(可食部)を指します。例えばバナナでいえば、その皮は食品廃棄物ですが、中身はフードロス。国際的な課題が『生産から消費までのどの段階で廃棄が発生するか』というごみ問題を軸にすることが多いのに対して、日本の場合は『可食部について』です。食べ物についてこれだけきちんと考えている国は他にあまりないと言えるでしょう」